東洋検査工業株式会社
リクナビ2019  リクナビ2020 

コンクリート構造物調査 印刷用

鉄筋コンクリート調査

電磁波レーダー法による調査
コンクリート構造物内部の鉄筋等の金属物や塩ビ管等の非金属を調査できます。
【写真】鉄筋コンクリート調査状況
電磁誘導法による調査
電磁誘導法で構造物内部の鉄筋等の金属物を測定します。イメージスキャンモードで測定することで、即座に配筋状況を確認できます。
【写真】鉄筋コンクリート調査状況
 

コアボーリング調査

コンクリートサンプルを採取し一軸圧縮試験、中性化試験を行います。
また、ファイバースコープカメラやCCDカメラによる孔内観察や写真撮影により詳細調査を実施して、対策設計の資料とします。
【写真】コアボーリング調査状況

 

コンクリート構造物内部調査

コンクリート構造物の内部構造状態(鉄筋状況、PC橋梁内部のシース管のグラウト充填状況等)をX線を使用して調査します。
DRTシステムを利用することによりコンクリート厚さ500mmまで適用可能です。

【写真】コンクリート構造物内部調査状況

【図】コンクリート構造物内部調査結果例 【図】コンクリート構造物内部調査結果例
【図】コンクリート構造物内部調査結果例 【図】コンクリート構造物内部調査結果例
 

ひび割れ測定・反発硬度測定

ひび割れ深さ測定
超音波を使用してコンクリート構造物に発生したひび割れ深さを測定します。
【写真】ひび割れ深さ測定状況

反発硬度測定
シュミットハンマー(リバウンドハンマー)を使用して反発硬度を測定し、圧縮強度を推定することができます。
【写真】反発硬度測定状況

詳細ひび割れ幅測定
ひび割れ幅測定器を使用してひび割れ幅を測定します。
ひび割れ幅の増加確認(経過観察)に適しています。
【写真】ひび割れ幅測定状況
 

アンカー引抜試験

アンカーテスター等を使用して、あと施工アンカーの引抜強度を非破壊で測定します。

【写真】アンカー引き抜き試験状況

【写真】アンカー引き抜き試験状況