東洋検査工業株式会社
リクナビ2019  リクナビ2020 

トンネル調査 印刷用

トンネルの安全を確保する為には維持管理が必要で、国土交通省により5年ごとの点検が義務づけられました。
各種調査により維持管理に必要な詳細資料を得ることができます。

変状調査(目視・打音点検)

近接目視やハンマーによる打音調査を実施することにより、覆工面の異常箇所を検出し、図面やカルテにまとめます。

【写真】変状調査状況

変状展開図例
【図】変状展開図例
 

覆エレーダ調査

地中レーダにより覆工コンクリート厚や背面空洞の測定を行います。

【写真】覆エレーダ調査状況

解析データ例
【図】解析データ例
 

その他

コアボーリング調査にてコンクリートサンプルを採取し一軸圧縮試験、中性化試験を行います。
またファイバースコープカメラやCCDカメラによる孔内観察や写真撮影を実施します。
【写真】コアボーリング調査状況